So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

副業の広がりで個人のスキルアップが重要に [企業経営]

本業で培ったスキルを副業で生かそうとするビジネスパースンが増えているという記事が
日経新聞6月30日付け夕刊トップに掲載されていた。

私が10数年前に定年後の準備も兼ねて副業をしようとしたが、社内規定とやらで実現できなかった。
しかし、今は大手企業にも副業を認めるところが増えてきているようだ。
むしろ副業を推奨する企業もあるようだ。
時代は大きく変わってきているなと思う。

10年後は大企業と言えどもどうなっているかわからないので、どこにでも通用するスキルを磨いていくのは必須の時代になった。
転職する人達も若い人から中高年まで広がっているようだ。

自分の人生は会社任せに出来ない時代であることを、すべての人達が認識していけば社会も大きく変わっていくだろう。

日経新聞によると、副業仲介サービスもすそ野が広がり多様化しているようだ。

ランサーズは有名で多くの人がりようしているのを知っているが、私にはスキル不足で敷居が高いと感じた。

セールスハブという所は、中小企業のスタートアップ営業代行、商談設定などだそうだ。
職種によっては私も少しは可能性あるかも知れない。

シューマツワーカーは副業人材と中小企業をマッチングする仕事やIT系中心の事務が急増しているそうだ。

モノクロムは会社員などの女性がモデル業務を請け負う『週末モデル』を運営している。
女性専用らしいが、男性にもあればチャレンジする人もいると思う。

サイエストは法務や海外進出などの専門知識を持つ現役会社員やOBを顧問として紹介するそうだ。

キャスターは副業テレワークや時短勤務に特化した求人サイト『リワーカー』を運営している。

副業は自分のスキルアップにも役立つし社員の知識の幅も広がるので、副業を推奨する動きも出ている。
また中小企業にとっても人材確保にもなり助かると思う。

お互いがWin-Winの関係が認識されていけば、もっと広がっていくことだろう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

健康増進を目的にしたヘルスツーリズムの動きが広がってきている [健康と医療]

自然豊かな環境でプログラムに参加して心と体を休め、生活習慣を見直す『ヘルスツーリズム』のすそ野が広がっている。
テーマは《ゆっくり旅 健康に効く》(日経新聞6月23日夕刊から)

山梨県山梨市の「保健農園ホテルフフ山梨」は、森やハーブ畑に囲まれた所で、新緑からこぼれる陽光を背に浴びながら、旅で訪れた人がヨガで体をほぐす。
座禅やストレッチ、農作業などのプログラムを毎日開催している。

自律神経のバランスや血流を測定し、疲労度を数値化してアドバイスを受けるメニューもあるそうだ。

ホテル支配人の話では、健康意識の高い30代から50代の女性が増えているそうだ。
2017年の客数は約3300人で前年の1.6倍に増えたそうだ。

利用した51歳の女性会社員は、『体と心が癒え、日頃の疲れが一気に抜けた』そうだ。

社員を参加させる企業も増えているそうだ。

山梨市も緑豊かな自然を生かした地域活性化に期待しているようだ。
一定の心拍数を保ち体を冷やしながら森林を歩くことで、高血圧治療などに有効とされる
ドイツ発祥の運動療法をPRし、20のコースを整備して企業誘致にも励んでいるそうだ。

大分県竹田市は、心臓病などに効能があるとされる炭酸泉を売りにした《温泉療法保健システム》を推進する。
ウォーキングコースや温泉の中で運動が出来るプールなどを整備して売り込みを図っていくそうだ。

国としても「健康寿命延伸産業」と位置付けており、市場規模拡大も見込んでいるようだ。
経済産業省は、2016年に2兆3800億円だったのが2025年には3兆2000億円になると予想しているそうだ。

結構大きな数字だと思ったが、元気な団塊世代にも需要があると思うので、プログラムを工夫していけばもっと裾野が広がっていくと思う。
単なる旅行も飽きてくるだろうし、健康増進を前面にだしていけば需要拡大が期待できる。

ビルに囲まれた都会の人達にとっては、自然豊かな暮らしを心の中では望んでいる。
地方の市町村は、都市部の自治体にもっと売り込んで連携を広げていけばお互いWin-Winの関係が築けるはずだ。

旅行会社巻き込んでヘルスツーリズムに頑張ってほしい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

歯科技工士のなり手不足が鮮明に 老人医療の隠れた問題だ [健康と医療]

歯科技工士を育成する養成機関への入学者数が、20年前に比べて7割減ったそうだ。
(日経新聞6月21日付け朝刊から)

入れ歯や差し歯などを作る歯科技工士は国家資格だが、その専門学校や大学への入学者数が
1995年度の3199人から2017年度は927人と3分の1以下になったそうだ。

歯科技工士の高齢化も進んでおり、50歳以上の割合が2004年が27%だったのに、2016年は48%になったそうだ。
高齢者がどんどん増えており、入れ歯や差し歯の需要は増えているはずだから、深刻な事態になっているのは素人でも想像できる。

私もなるべく虫歯にならないように歯磨きには気を遣うようになってきた。
老人介護は老々介護が広がって当たり前になっているが、歯医者も老人が老人を見るようになったら不安だ。

歯医者に行くと我々に接するのは歯医者と歯科衛生士ということで、歯科技工士は歯医者からの指示で
入れ歯や差し歯、かぶせ物などを別のところで作っている。
だから一般の人にはよくわからない存在だ。

そのため若い人達の歯科技工士に対する認知度も低い。
また、歯科技工士の7割以上が技工所と呼ばれる作業所で仕事をしており、その大半が1人の個人経営だそうだ。
1人が複数の歯医者から依頼を受けて作業しており、その作業環境は厳しいようだ。
長時間労働かつ低賃金になっていることが考えられる。

徒弟制度みたいな感じがするが、それでは若い人達はますます歯科技工士になろうとは思わないだろう。
劣悪な環境で入れ歯がつくられているとすれば、患者にとってもマイナスだ。

いま獣医学部の問題が騒がれているが、少子高齢化はずっと前から分かっていたのだから、もっと早く手を打つべきだったろう。
文科省はあってもなくてもいいような大学ばかり認可していないで、国民生活に直接かかわる国家資格への早急な対策をしてほしい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

無人探査機《はやぶさ2》がりゅうぐうに到着 着地は9月 [科学技術]

注目の無人探査機《はやぶさ2》が、小惑星りゅうぐうから20kmの目標地点に到着が確認された。
(6月27日付け日経新聞夕刊から)

2014年12月に打ち上げたJAXAの無人探査機《はやぶさ2》は、地球から3億km離れた目的の小惑星りゅうぐうに3年半で到着したことになる。
最初の着地は9月になるそうだ。

これからりゅうぐうの表面を捉えた画像が色々と送られてくるだろう。
最新の画像では、丸い形ではなくコマ型なので意外だった。

クレーターもいろいろ見えるし、直径が1kmに満たないそうなので、着地の場所も限られるだろうから、慎重に進めてほしい。

前回の初代はやぶさは、我々に感銘を与えたが、その後継機となる今回の《はやぶさ2》も色々な情報を持って帰ってくることが期待される。

太陽系の成り立ちや生命の起源に迫る手がかりとなる岩石を採取し、2020年末に地球に帰還する予定だそうだ。

これで日本の宇宙探査技術がトップレベルにあることを示したことになり、誇りに思う。

将来の子供達に夢を与える存在であり続けてほしい。

関連記事
昨年打ち上げられた’はやぶさ2’が小惑星目指してスイングバイにより加速


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

電子委任状で総務省が行政手続き簡素化推進は大丈夫か? [政治経済]

総務省がインターネットでの契約や行政手続きを簡素化するために、電子委任状の具体化に動き出すそうだ。
(6月26日付け日経新聞夕刊より)

私にはよくわからない話で恐縮だが、今年1月に電子委任状普及促進法というのが施行されたそうなので、紹介する。

続きはこちら


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。