So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

働く高齢者の年金支給減額を縮小するのは妥当なのか [政治経済]

今朝(5月25日付け)の日経新聞によると、働いている高齢者の収入が一定額を超えると
年金を減額もしくは支給停止になる現行の在職老齢年金制度を見直す方針を政府が決めたそうだ。

現行制度では、60歳から65歳で月額28万円、65歳以上で月額46万円を超える人が対象になる。
給与と年金の合計額が552万円を超える人が対象だそうだ。

今回の見直しでは、減額するのを縮小もしくは将来的には廃止する意向だそうだ。

見直しの理由が、少子化で働き手が縮小しているので、高齢者にはもっと働いてもらうためらしい。
支給される年金額が減額や停止になると働く意欲がなくなるし、支給額が減額や停止にならないように
短時間に調整するからだそうだ。

つまり高齢者もフルタイムで働いてほしいということだろう。
それくらい労働人口減少が危機的状況になっているということだろう。

しかし、本当にそうなのだろうか?
年収が550万円もあれば充分だと思う人が多いと思う。
身体を壊してまで550万円以上もほしいとは思わないのではないだろうか。
今でも高齢者に手厚すぎるという批判もあるなかで、あまり重要な施策とは思えない。

建設業や飲食店など業種によっては人手不足だろうが、労働者全体で見てどうなのだろうか?
まだ余剰人員を抱えているところも沢山あるのではないだろうか?

これからは人工知能や自動運転など、職場を失う人達も沢山出てくると予想されている。
銀行業界は大量失業も視野に色々な動きが始まっている。

そういう過剰労働人口を如何に職種転換を図って、全体として適正配置していくかが大きな課題であろう。

私も60歳過ぎて収入も減ったが、同時に年金支給額も大幅に減らされた。
最初はいい気持ちはしなかったが、それでも残業はしなくなったし、役職も離れて気分的には楽になった。
生活には困らない収入だったので、だんだん慣れてきて年金減額についても少し残念だったが、
将来の子供達や孫の世代のためだと思えば文句は言えないという気持ちになった。

むしろ、体力の衰えも日々感じるようになり、働く時間も週三日にするようにした。
プライベートの時間も持てるようになり、ウィークデイに旅行にも出かけられるようになった。

体力の衰えはその時になってみないとわからない。

元気な高齢者が多くなり働く意欲もあるが、それは今までとは違いボランティア精神という気持ちのほうが強い。

減額縮小でフルタイムで働こうという人もいるだろうが、あまり効果はないと思う。
もっと高齢者の生の声を聞いてみてほしい。

減額縮小すればもっと働いてくれるだろうというのは甘いと思う。
この論理は、主婦がパート収入制限を緩和してフルタイムで働いてもらおうというのと同じ発想だ。
本当にフルタイムでバリバリ働くことになるのだろうか?

それよりも若い労働者がもっと自由に職種転換できるような仕組みや、引きこもり対策など
国がやるべきことが他に沢山あると思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

栃ノ心が白鵬に勝ち大関確実 諦めないことの大切さを教えてくれた [大相撲]

今まで白鵬に25敗全敗でまったく勝てなかった栃ノ心が、今場所は予想通りがっぷり右四つになり、
お互いに廻しを引き付けて、力の入った大相撲になり、最後は寄り切りで白鵬に勝ちました。
白鵬も小手先の小細工をせずに、堂々と戦ったので見ごたえのある素晴らしい相撲でした。

右ひざの大怪我で幕内三役から幕下まで転落した栃ノ心が大復活し、今年の初場所では
平幕優勝を成し遂げました。
春場所は関脇で10勝5敗でしたが、今場所は負け知らずの12連勝となり、大関昇進が確実となりました。
横綱白鵬を力相撲で寄り切り、大関昇進に文句のない結果ですね。

幕下まで下がったときには、相撲を辞めようとも思ったそうですが、春日野親方の激励に奮起して
よくここまで諦めずに相撲を続けてきて、本人も感無量でしょう。

きのうのインタビューでは汗をびっしょり掻きながら、目を赤らめて涙と思われる汗も出ていました。
普通の相撲取りであれば、大怪我で諦めていたことでしょう。
しかし、栃ノ心はもともとスピード出世でしたから、心の底ではこのままでは辞められないという気持ちもあったかも知れません。
この栃ノ心を見て、臥薪嘗胆という言葉を思い出しました。

私も諦めの心が襲った時には、この臥薪嘗胆という言葉を思い出し、諦めずに続けたことが何度かあります。

今も妻が病に倒れ、辛い日々を過ごしていますが、その代わり食材の買い出しや手料理を少しずつ始めています。
家事をしながら、妻がどんなに大変だったかが分かってきました。

真面目であった妻は息抜きの仕方がわからず倒れてしまいました。

これからも焦らず諦めずに妻に寄り添い、病から立ち直るよう頑張っていきます。
最後は笑顔で過去を振り返ることが出来ますように。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

官僚や大組織が方向転換出来ずに突き進むのは何故か [政治経済]

きのう(5/22)の日経新聞朝刊をパラパラ見ていたら、経済欄の大機小機に面白い記事があった。

『無謬性の原則と全体主義』と題して、日本の政府、官僚組織や大企業などが無意識のうちに
無謬性の原則を前提にしている、としている。

続きはこちら


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

自転車事故が多いのは高校1年生 [社会問題]

日経新聞5月22日付け夕刊によると、高校1年生の自転車事故が他の学年に比べて
非常に多いことが分かった。

続きはこちら


タグ:交通マナー
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

マイクロプラスチック汚染が北極海でも深刻な事態に [エネルギー環境]

本日(5/21)の日経新聞夕刊に、マイクロプラスチック汚染に関する記事があった。

『北極海の氷 汚染深刻に』と題して、ドイツの研究チームが砕氷船を使って
北極圏の五か所で採取した氷中のマイクロプラスチックの量と種類を分析して発表した。

続きはこちら


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -